先輩社員インタビュー

渡邉 士朗

和光教室
2017年入社

  1. 1 前職

    社会人対象の英語の通訳学校で教師をしておりました。

  2. 2 タイクーンを選んだ理由

    離職率がとても低く、教育業といいながら実際には利益追求といった売り上げ重視ではなく、教育重視でお客様(保護者・生徒)を大切にするとともに、教育業界未経験の中途入社の社員に対しても研修期間を1年近く設けサポートしてもらえる会社だった為。

  3. 3 入社後の感想

    1年以上の手厚い研修期間の後、新しく教室を用意して頂きました。この1年の間、1歳の子供が突然熱をだし、急遽保育園で受け入れを断られ、妻も仕事で休めない時、どうしようと途方に暮れていた時、上司から“大丈夫!なんとかするから!”といってもらい、この会社はお客様だけでなく、社員に対してもワークライフバランスを考えてもらえる企業なんだなと安心しました。

  4. 4 タイクーンらしいと思う会社の特徴

    大手の競合他社が多く、誰もが知っている知名度の高い駅周辺ではなく、あまり知られていない各駅停車しか停まらないような駅にも着目し、教育重視の理念の基、頼れる塾としてその地域から認められ、社会貢献しているという実感を肌で感じられるところ。

  5. 5 業務で心がけていること

    これまでの経験を活かしつつ、入社してから自身でも指導可能教科を増やす為日々勉強し、同時に生徒や保護者のとの面談に備えてジャンルを問わず最新の情報に目を向けること。

  6. 6 やりがいを感じたエピソード

    ツンとした感じで、なかなか打ち解けない生徒さんで、出てくる言葉は、めんどくさい、つまらない、おもしろくない、やりたくない、これしってしょうらいなんのやくにたつの、といった言葉をきいて、“なんて答えよう”ではなく、“なぜその言葉がでたのか”を考え、“最近なにか嫌なことがあったのか教えてくれないかな”って聞いたら、“実はいじめにあってて苦しい”と打ち明けてくれたこと。

  7. 7 心に残っている業務中のエピソード

    Q6の生徒さんが、無理だと思われていたレベルの高めの問題にも一生懸命解ろう、理解しよう、という、まさにやる気をおこすと人はこんなにも変わるんだ、ということを実感した瞬間。

  8. 8 休日のリフレッシュ方法

    妻と子供と家族水入らずで、自転車で川辺をサイクリングしながら、激戦のフードコートの窓際の席を確保し、ぎょうざとビールでホッとすること。

  9. 9 失敗談

    毎日が失敗の連続で、誰でも人は失敗するから、失敗したことを放置せず次にできるようにしようと前向きに考えると、失敗も成功のための大切な経験と思って、次に進んでいくようにしています。

  10. 10 採用志望者の方へ一言

    個別指導塾アトムには、社長をはじめ、真面目な社員の集まりで、迷ったときに相談できる頼もしい上司や先輩がいて、自分のやる気次第で道が開ける風通しのいい会社です。

エントリーはこちら